シアリスの個人輸入

ED治療薬シアリスを個人輸入するメリット・デメリット

シアリスは個人輸入でメリットがあります

シアリスなどのED治療薬は厚生省の取り決めで、一般的に市販をする事が認可されていません。それは副作用の問題があるためで、必ず医師の処方をもって薬局より販売する事が義務付けられています。この診察や処方に関しては保険適用外ですから、全て自費扱いになる事も知っておきましょう。この様にシアリスは医療機関から購入する事になっていますが、実は個人輸入というルートもあります。この場合は海外の販売ルートを利用して購入します。個人輸入とは個人が使用目的で海外製品を購入する方法で、基本的には個人輸入代行業者を仲介して販売されます。最近ではネット通販がメインで、たくさんのサイトで気軽に買える様になりました。しかも販売価格は薬局の半分以下で購入できるので、ほんとうにリーズナブルなのです。ちなみに医師の処方では、シアリス10mgが1錠で約1,700円(税込)、20mgですと約2,000円(税込)となります。またジェネリックものではもっと低価格なモノがたくさん出回っています。もちろん診察代・通院費やそれに掛かる時間の短縮、それに宅配なので他人に知られる事もありません。

シアリスのネット通販は手軽ですが、注意点もあります

この様に、シアリスを低価格で購入する事の出来るネット通販ですが、利用方法は至って簡単です。Amazonで購入する場合とほとんど変りません。ただし日本語対応している業者を選ぶのがポイントです。トラブルの際にちゃんと話せるところで購入しましょう。またED治療薬には偽薬がたくさん流通していて、シアリスのジェネリックと称して、全く効果の無いタブレットを送ってきたり、ただ金だけとって逃げてしまったりと、この手の被害が続出している点に注意してください。中には悪辣な製薬会社があって、廃棄処分の薬を処分目的で混入させていたり、認可の通らなかった危険薬を使っていたりと健康被害さえ出ている始末です。個人輸入はあくまでも自己責任ですから、何かあっても訴えるところがない場合があります。結局は泣き寝入りする羽目になりますので、ちゃんとした業者・サイトから購入する様に、事前の情報収集はしっかりとしておきましょう。また副作用にも要注意です。シアリス系でも頭痛や吐き気などの副作用は付き物ですから、出来れば初体験は医師の処方からにして、慣れてから個人輸入をすると良いかもしれません。