第5のED治療薬ステンドラ(STENDRA)

第5のED治療薬として人気急上昇のステンドラ(STENDRA)とは?

最近販売開始された新ED治療薬・ステンドラ/ アバナフィルをご存知ですか?

日本でED治療薬と言えば、多くの方がバイアグラやレビトラやシアリスを挙げる事でしょう。現時点でEDクリニックが処方しているED治療薬もこの3つがメインになっています。ですが海外では、第4のED治療薬をザイデナ、そして第5のED治療薬をステンドラ(stendra)と、その販売シェアを伸ばしつつあります。この第5のED治療薬・ステンドラはアメリカのFDAに承認されていて、日本ではまだ未承認ですが、ネット通販による個人輸入で購入が出来る様になっています。そこでこのステンドラですが、製薬会社はアメリカのヴィヴス社で、デビューは2012年と他のED治療薬に比べると全くのニューフェイスなのです。ですから名前すら聞いた事がないという方も少なくないでしょう。実際にネットでの露出度もさほど多くないために、なかなか私たちの目に触れてこなかったという経緯があります。

ED治療薬・ステンドラの効果について

このステンドラの有効成分はアバナフィルといって、バイアグラとよく似ている成分です。このアバナフィルは元々日本の田辺三菱製薬が開発した成分で、2001年に開発して、その販売権をヴィヴス社に譲渡したという経緯があります。勃起効果に関しては、他のED治療薬と同様にPDE5という酵素を阻害して勃起をキープさせ、効果自体はバイアグラにも引けを取りません。即効性はレビトラと同レベルで、最速で服用後15分もすると効果が現れてきます。そこで実践では性行為の30分前を目安に服用する様に勧められています。また持続時間は3~6時間で、この点ではバイアグラと同等、レビトラよりは短かめといった感じです。また副作用に関してはバイアグラより強いという評価があります。具体的には頭痛・ほてり・鼻詰まり・背中の痛みなどです。

ステンドラの購入方法とは

ステンドラは50mg錠・100mg錠・200mg錠の3種類がラインナップしていて強さに差がありますから、個人のED状態・勃起状況に合せて使用する事ができます。そこで購入方法ですが、日本ではまだ未承認の薬であるため医師の処方はなされていません。つまり個人輸入でネット通販からの購入となります。ただし個人輸入は自己責任で、詐欺販売などを含めたトラブルが起きやすいという事も知っておくと良いでしょう。