第4のED治療薬ザイデナ(ZYDENA)

韓国製のED治療薬・ザイデナ(ZYDENA)の特徴とは?

韓国・東亞製薬のザイデナ(ZYDENA)が人気です

2005年度に韓国の東亞製薬が発売開始した第4のED治療薬・ザイデナ(ZYDENA)を知っている方はそれ程多くはないでしょう。最近まではネット情報としてもあまり知名度があったとは言えません。ですが、2008年にロシアが使用を承認し、その効果の高さを保証した事をキッカケに、その後の多くの治験でも勃起成功率と安全性が広く認められ、現在ではアジア諸国を中心に世界30カ国以上で利用される人気商品となりました。ザイデナの有効成分はウデナフィルといって、バイアグラによく似た成分で、やはり勃起を阻害するPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)を不活化させる効果を持っています。そして服用の30分後にはっきりとした効果が発動し、最大で約20時間の効果持続が得られるとあって、ライバルのバイアグラよりも即効性・持久力で勝っています。ただし即効性だけをみればレビトラがナンバーワンですし、長時間効果ではシアリスの36時間には及びません。

ザイデナの購入方法について

このザイデナは日本での承認がまだですので、利用したい場合は個人輸入によるネット通販からでしか買えません。通常はワンパッケージ4錠で5000円前後の販売価格です。つまり1錠1200円ちょっとと、シアリス・レビトラよりも低価格なのは魅力でしょう。またジェネリックものも流通していますから、そちらを購入すれば1錠800円ぐらいでも入手できます。ただし個人輸入では注意すべき点がいくつかあります。いわゆるコピー商品など粗悪品をつかまされる事があります。中には危険な廃棄薬品をわざと混入させて売りさばいているケースもあって、服用には十分に気を付けなければなりません。特に激安セールのモノは要注意でしょう。また個人輸入は自己責任ですから、何かトラブルがあっても日本の行政のバックアップを受けられないかもしれません。

サイデナ/ウデナフィル/開発国は韓国で、アジア人に合せて開発された勃起薬

ここ最近話題になっているザイデナですが、副作用が非常にマイルドで持続力も長いことから、神経性のED治療には効果的だとされています。ただし取り扱うサイトが少ないために、他のジェネリック並みの低価格にはならないので、それで利用者が大きく増加していないという評価もあります。ですがザイデナはアジア人の体質に合わせて開発されているために、日本人向けのED治療薬とも言えます。