ED治療薬に服用年齢制限はありません

ED治療薬は80歳でも服用して大丈夫!

若い人のED治療薬の服用について

若い時に精力が減退するという事はあまりありませんが、最近では心因性の勃起不全・ED症状を生じるケースが非常に増えています。若い人のEDの原因は、初体験の時のショックでつまずいたり、あるいは性行為未経験の内に何らかのトラウマを抱えてしまって女性恐怖症的なストレスが働いている事がよくあります。または過度の潔癖症が原因で、女性の体に触れるさえも出来ずに勃起不全を起こす方もいるでしょう。そこで大方の場合は1回でもセックスが成功すれば、それが自信になったり、慣れになったりしてEDを克服できます。その際に効果を発揮するのがED治療薬という訳です。そこで未成年でもEDクリニックへ行って、専門的な治療を受ける事があります。もちろん保護者同伴での来院になるのですが、この時にバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬の処方はなされるのでしょうか?結論から先に言いますと、EDクリニックなどでは20歳以上の男性に対してED治療薬の処方を行っています。つまり未成年の場合はカウンセリングや他の方法が採用されているのです。ただし、未成年でも妻帯者であれば例外措置を取る事はあります。

高齢者とED治療薬との関係は?

では、反対に70歳・80歳といった高齢者に対するED治療薬の処方はどうなっているのでしょうか?この様な高齢者でもED治療薬は効果的で、実際に服用されている80代の方も少なくはありません。それは高齢者でも精子の生成活動が継続していれば、それをベースにして勃起力を回復させる効果がED治療薬にはあるからです。もちろん副作用の心配はしなければならず、誰にでも有効かといえば必ずしもそうではありません。頭痛がひどく出過ぎれば、とても性行為をしているどころではなくなってしまう事でしょう。つまり医師のカウンセリングをもって、安全に利用する方法が好ましいのです。高齢者の場合はバイアグラならば25mg、シアリスでも5mgといった低配合のタブが使用されます。自分の体力の限界を見極め、決して激しい性行為に没頭する事の無い様に注意しつつ、健康的な範囲にとどめて性行為を楽しむのは良い事です。この様にED治療薬には基本的な年齢制限はされていないために、どなたでも利用する事ができます。ただし先にも言いました通り、EDクリニックなどの医療機関では未成年に対する処方は控えているのが現状です。もちろん成人の若い人であれば、積極的にED治療に使用する様におすすめします。